P3WM碧空の感想(中編)。奇跡の偉業達成だよ!

長過ぎるので分割しています。
前編の続きです。

先輩のハチガネは色んな意味で凶器。

ネタバレ含むのでたたみます。

主人公無双!

仲間を守るために強くなりたい!と決意し、
一人でタルタロスへ修行にでる主人公。
シャドウを蹴散らし、ボスフロアへ。

おそらくボスは天罰のダイス。211F付近を一人で戦ってたのか!
…オルフェウスだけで!?凄ぇ!!Σ( Д ) ゚ ゚

レベル85で人間ステータスもカンストである。本当に漢だよw
キタローもハム子も殺陣めっちゃ頑張ってた!可愛いよぉおおおお!!

この時、召喚器と腕章で身支度する様子&帰ってきて片付ける様子を
異様に尺取って見せてましたが、どういう意図だったんだろう…。

ここで無理をしたせいで3/5に死ぬんだ、というレベルで長かったぞ。
一生懸命身支度するハム子が可愛かったので別にいいんですが…。
ちょっと不思議に思いました。

一時の癒やし、ギャグパート

ニュクスを倒して世界を救うために戦ってるのにテストかよ!と嘆く順平。
一括する真田先輩がwww
「ニュクスを倒すんだろおおぉ(エコー)!そうすれば
普通の生活が戻って来る、だから必要なんだよおお(エコー)!」

もうね。フッキー真田がね!可愛くて可愛くてね!!

明彦可愛いよ明彦おおおお(エコー)!

影時間は消えても赤点は消えない、とトドメを刺す主人公。
はっはっはっ!と笑う真田先輩、異様な声で笑うアイギス!w
「ちゃんと笑え!」というツッコミに爆笑!w

真田先輩がアイギスに正しい笑い方を教えてあげてたのが最高w
お腹に手を当ててはっはっはっと動くアイギス、
突然真顔で反応を伺ってからまたはっはっはっと笑うのが可愛いw
アイギス、存在そのものがマジで尊い!!

逃げようとする順平は美鶴先輩に腕を掴まれて連れ戻されてましたw
P3の冬は辛いことばかりなので、笑えるシーンがあるか心配でしたが、
やっぱり用意してくれていました!とっても嬉しいです!

あふれる影人間、マイム凄すぎ!!

街にあふれかえる影人間。
特に渡辺さんとか迫真の演技で、虚ろな表情がめっちゃ怖い!

ストレガのテーマ曲は相変わらず格好いい!!
個人的に一番好きです!これをアレンジした3章のラスト、
「蒼鉛の結晶」は舞台版最強の名曲だと思います!!

で、歌ってる時、影人間がスローモーションになったり
一時停止になったりするんですが、これが本当に
時間が止まってるみたいで素晴らしい。マイムって本当に凄い!!

よく見るととんでもない姿勢で固まってる人もいたんですよ。
あまりに自然なので最初はスルーしてたんですが、
何度か観に行くうちに気づいて「えっ!?マジ!?」と驚きました。

目立たない所でサラッと凄いことをしているのが本当に好感が持てる!
マイムも殺陣も格好いいんだよなぁ…。

特にいいむろなおきさんにはつい目を奪われます。
体幹が全然ブレないからかな?凄く人形っぽい動きで。
本当にビデオのテープをいじっているかのようで現実かどうか怪しくなる。

本当に、パフォーマーさん達のクオリティの高さが
縁の下の力持ち的にこの舞台をシッカリ支えていると思います。

P3WMって、本当にサービス精神あふれてるなー!全てが最ッッ高!!
このシーン、何度観ても凄くて大好きです!

順平とチドリにはやっぱり泣かされる

キタロールートの場合

チドリが順平の夢枕に立つオリジナルシーンがあります。

「はは…なんだ…夢か」という順平に対して
「夢とは少し違う」と言ってたので、
もう一体化してるって感じかな。
チドリの魂は順平の中で生きてるんですね…。

「まだ怖いんだ」という順平を優しく励ますチドリ。
チドリんデレデレである!!

最後は「もう少しこうしててくれないか」という順平。
2人で並んで座って手を繋ぐこのシーン、
順平が少しずつチドリに近寄っていく所が可愛くも切ない…!

ハム子ルートの場合

P3P仕様で、ヒマワリの力によってチドリが目を覚ます。
美鶴先輩から電話で教えられる順平。

この時、病院に向かう順平が客席通路を走っていくんですが、
一般席からは足をもつれさせて必死に走る様子を見ることができました。
月光館シートからは見えなかったんですよね~。

こういうことがあるので、一概に前の席が常にいいとは言えないですね。

チドリが探している優しくて温かい「あの人」。
もしみつけたらどうする?と聞くと「…クリスマス。クリスマスを過ごすの」。
舞台ならではの受け答えですね。良かったね順平!順チド尊い!

4章に続き、このパートの順平の演技も凄まじかったです。
順チド好きは絶対必見です!(´;ω;`)ブワッ

メメント・モリ~死を記憶せよ

メメントモリの話をする主人公とアイギス。
この言葉が持つ2つの意味を、SEESとストレガの
姿勢の違いになぞらえるアイギス。

すっかり人間らしくなったアイギスの笑顔が可愛い。子犬のようだ!
そしてアイギスに対する時のハム子は聖母のよう。
キタローもだいぶ優しくなった。

アイギスのテーマ、そしてP3のテーマに迫る大事なシーンですね。
5章はアイギスを丁寧に追ってるな~と思いました。

決戦前夜、神社のあきみつ

長鳴神社で話す明彦&美鶴。
幾月も滅びの影響がなければ明るい理事長だったかも…という話。

「美鶴。生きろよ。いざとなったら命を捨てて皆を守るつもりだろう。
もっと自分も大事にしてくれ」と真田先輩。

先日、自分が死んでも桐条グループは残る、遺志は継がれていくだろうと
美鶴先輩が言っていたのを覚えていたんですね。
真田先輩、普通にしてればこんなにも格好いい完全無欠の超絶美形なのに!w

握手して、ガッチリ手を組むあきみつ。
この二人異常に絵になるわ~!めちゃくちゃお似合いなのに戦友(とも)。
いいなあ…。こういう追加シーンは本当に嬉しいですね!

ハム子編~1/31の奇跡!

ニュクス戦の前、出かけようとする一行に病院から電話が。
何と!!1/31に荒垣先輩が復活してるだとおおおおおおおお!!
うおおおおおおおお!!マジか!!マジかーーーー!!!!

荒ハムの自由時間はまさしくがんじがらめで、
10/3(拡大解釈で+3/3と3/4)しかなかったのに!

これなら2月まるまる一緒に過ごせるよ!?
そして2月にはビッグイベント、バレンタイがあるよ!?
妄想の自由時間を一ヶ月も伸ばすという、まさに偉業を成し遂げたのでした。

これは本当に凄いことです!!舞台よありがとう…!!
ここへ来てこんなボーナスタイムがもらえるなんて!!

本人は病院なので電話だけですが、藤田さん回では上方に姿を見せてくれます。
服はいつものコート姿だけど、ヨロヨロと歩いてる!
そりゃそうだ、本来より一ヶ月くらい早く起きたんだもんね!w

…間に合ったか。今は足手まといになるから一緒には戦えねえが、
死に損ないの声を聞くってのもいいもんだろ。
お前ららしく戦って来てくれ。

というようなことを話します。
嬉しそうな真田先輩と天田君。奇跡って起こるんですね!本当だよ!
目を潤ませるハム子。この時の表情はやっぱり恋する乙女だったよ!!

なお、キタロールートでは先輩死んでるのでここはザックリカット。

幸先いいな!と順平。卒業式の約束をする。
電話は切れてたけど、この流れなら荒垣先輩が屋上に来るのは自然かと。
夢の中で「会いに行く」って約束してたし、3/5がとても自然ですね。

避けられぬ戦い・ストレガ

タルタロス頂上を目指す一行。
先に行け!と何組かにバラけて戦う展開になります。

ゆかりっち&アイギスVSシャドウ

ゆかりっちの殺陣凄い、横転までしてた!動きがキレッキレでした。
アイギスも組体操的な動きを取り入れた殺陣を頑張っていました!

ペルソナ召喚した後の二人で並んで立つ姿が超格好いい!
「かかってこーい!」と叫ぶゆかりっち、マジヒーローだよ!

真田先輩VS天田君VSジン

天田君を庇う真田先輩が格好いい。
ジンのアクションが際立っていました!とにかく動きが格好いい!
ブッ飛ぶ所とか倒れる所とか、大丈夫!?って心配になるくらいでした。

最終的に武器を捨てた真田先輩が「かかってこい!」と素手で殴り倒す。
格好いいんだけど、よく考えたら二人がかりでボコった後なんだよねw

トドメを刺さずに立ち去る天田君。
この時のタメ、地味だけどWキャストの演技の違いが興味深かったです。
なにげに小学生が相手を殺そうかどうかを悩む時間の違いですからね。
よく考えたら本当に恐ろしいことが起こってるなあ…。

取り残されるジン。
未来を諦めない!と叫んだ真田先輩に対して「未来か…」とつぶやく。
これはこの後の展開を思うと意味深でした。

順平&美鶴先輩VSタカヤ

ペルソナ攻撃を「きなさい!」とあえて受けるタカヤ。
変態半裸教祖の面目躍如!!ヒュプノス召喚マジ格好いい!
まさにゲーム中の動きそのもの、でもあふれるカリスマは段違い!!

美鶴先輩の剣を素手で掴んで止めるタカヤの狂気!!
鬼気迫るものがありました!

教祖たけやんーーー!大好きだー!(  Д ) ゚ ゚

美鶴先輩は直前にストレガの生まれた経緯(桐条の闇)を
聞かされていたせいか、少し気後れしている様子。

銃で撃たれつつも、チドリの力で食いしばった順平が勝利。
美鶴先輩を庇いつつ戦う順平は格好よかったよ!

ここで意外な展開が。
美鶴先輩がタカヤとジンに謝罪したんですよ。

「君たちの人生を台無しにしてしまって本当にすまない!
桐条を代表して心から謝罪する!ニュクスに勝てば君たちの体も
ながらえることができるかもしれない!私は諦めない!」

ほとんど土下座に近い姿勢での必死の訴え。これは良改変!
原作だと、この2人は踏みつけられたまま散るのみですからね;

ストレガの2人の登場シーンはここまで。ジンの自爆シーンはなし。
つまり、生死不明!
そしてこの流れなら生きていそうである。

タカヤの気持ちは計り知れませんが、最後の「本当にばかな人達です」には
ちょっとだけ柔らかい感じがあったような。

タカヤとジン、この二人も救われたのではないでしょうか。
舞台版のもたらす後味の良さは本当に素晴らしい!

その後、先に行った主人公と風花たんがタルタロス頂上に到着。
それと同時に皆が合流する。主人公もうちょっと活躍させたげて!w

タルタロス頂上決戦!

綾時君がニュクスアバター仕様の黒いマントで登場。格好いい!!
後ろにはCGのニュクスアバターが表示されており、
いいとこ取りの良演出だと思いました。

BGMはもちろん神曲・「全ての人の魂の戦い」!
そして綾時君による例のアルカナ語りが…!

マジやばい!!肌が粟立つ興奮です!!

「そのアルカナは示した…」というあの台詞を完全再現!!
ヒィイイイ!!格好いい!よくこんなの覚えたなぁ…綾時君本当に凄い!!

攻撃する時やダメージを受けた時の動きも
ファサーッてマントが翻ってすごく格好良かった!!

アバターから攻撃が飛んでくると、3年生やアイギスが
身を盾にして仲間を庇おうとする。胸熱です。
ゆかりちゃんを助け起こそうとする順平の姿も。

ダメージを受けたキタローが段差を転がり落ちてきた!
凄いアクションだけど、蒼井翔太さんの体は大丈夫なのか心配になる。
めちゃくちゃ体張ってるなー!

全員が絶叫しながらペルソナ発動!胸熱過ぎてただただ涙出る!
風花たんはオラクル発動!
カーラ・ネミ発動は「荒垣さん!僕は戦います、生きるために!」。

2章では敵を討って自分も死ぬつもりだったことを考えれば、
天田君は本当に生まれ変わったんだと思う。良かった…!

Burn my dread~ラストバトル

月へと飛び立つ主人公。
着地する様子をアクションで表現していました。自然だったなあ。

ペルソナ出そうとするが出ない!という演出あり。
確かにニュクス戦ではペルソナ出せなかったなぁ。

っていうか結局最後までオルフェウスで戦い抜いたぞ!?
タナトスやメサイアは出して欲しかったけど、
初期ペルソナで戦い抜いたというのはそれはそれで凄いな!

ニュクス戦の仲間のセリフはほぼ原作準拠。
コロちゃんのワンワン、がない代わりに天田君の「頑張れー!」。

最後、荒垣先輩は台詞が違って

「諦めるなんてお前らしくねえ…だろ?」

ハム子とキタローでニュアンスがちょっと違いました?
キタローの時は「諦めるなんて、お前らしくねえだろ…」
だった気がするんですが。

誤差かな。私の気のせい?
私の脳は感動でイかれていたので気のせいかもしれない。

概念的なシーンなので、荒垣先輩の姿が登場しても
良かったと思うんですが、ここは声だけでした。

そしてゆっくりと指をかざす主人公…あああ…!!!(´;ω;`)ブワッ

※長くなりすぎてるので分割しています。→続き

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)