舞台P3WM「藍の誓約」観てきました!泣きまくった感想。

PCが使える環境になったので、舞台の感想を書いて行こうと思います。

そうそう、フッキーさん(真田先輩の役者さん)4/24がお誕生日だったんですね!
おめでとうございます!フッキーさんの真田先輩最高でした!大好きだーーー!

ツイッターで荒垣先輩と真田先輩が腕相撲してる写真があって、
負けた真田先輩が腕立て伏せしてるの可愛い過ぎでしたよ!(*´ω`*)

荒垣先輩が掃除してる写真も超萌えた!先輩には家事が似合う~(*´Д`)

あと、ここに双子座コンビの対談が載ってました!

ああもう、二人とも大好きだーーー!(*´Д`)

ネタバレなしな話

マスカレードシートについて

マスカレードシートは月光館シート最前列より更に前、
舞台の階段脇に棺桶型の席が24席!象徴化してる!

キャストが話しかけてたり、ヒーローと握手できたり。
観た感じ右側の席が特に恩恵を受けてたっぽいです!

キャスト様の書いた卒業証書ももらえたそうで羨ましい~!

グッズについて

ブロマイド写真、パンフレット、缶バッチガチャ、
デニムトートバッグ、クリアファイル、タペストリー。荒垣先輩もいました!

タペストリーは受注生産で後に発送されるとのこと。
9000円+送料800円、お高いー!

荒垣先輩が格好良すぎて直視できないレベル!あの疲れ果てた表情…たまらん!
こんなん無理!観るだけで惚れ死ぬ!ハアハアハア

ガチャは凄い行列!二回並んだらなくなりましたw

千円くらい安くなるリピーターチケットもあり、
当日券はキャンセル分の抽選をやっていました。並び順じゃないのが良心的。

以下、ネタバレ含みますのでたたみます。

まずは藍の誓約から。碧空の感想はこっち

藍の誓約

冒頭のロード画面、主人公のレベルちゃんと上がってる!誓約は確か70。

今までの重要シーンの回想からスタート。
最初のマジシャン戦から始まって、風花救出戦、
アイギスとの出会い、ハングドマン戦、幾月さんのカミングアウトなど。

前作のラストがアイギスの「あなたは…敵!」だったので、
綾時君が目覚めるあたりから始まるかと思ってたんですが、違いました。
回想からだと今回のキーパーソンの一人・夏紀ちゃんが自然に登場できるんですね。

舞台一話目では彼女は登場してないので、
いきなり登場すると「えっ?」ってなってしまったはず。
この構成なら「あの人、山岸さんを虐めてた子じゃない!」的に
サラッと説明も入ってわかりやすい。うまい演出です。

ちなみにこの際、まさかの荒垣先輩が撃たれるシーンも再現!
別キャスト様なので努めて後ろを向いていらっしゃいましたが
十分興奮に値するサプライズでした!先輩の背中好きだ~(*´∀`*)!

4章・誓約のメインテーマは
<順チド~トリスメギストス覚醒>

<夏紀&風花~ユノ覚醒>。

順チド

順平とチドリ、2人の演技がとにかく凄まじい。
全員の演技が上手なカンパニーですが、順平のは頭一つ抜けていました。

「順平になりきっている」という次元を一つ越えて、ただただ「順平」でした。
アドリブも最も多く、サービス精神というか本人だから自然に台詞が出てくる、
自然とそう振る舞っている、というように見えました。

大胆にもクリスマスにチドリをデートに誘う順平。
「ばかな順平…」と言いつつ笑顔を見せるチドリが死ぬほど可愛い!(*´ω`*)

面会時間超過を怒る病院の婦長さん、めっちゃキャラ立ってたw
鳥海先生やってらしたキャストさんですよね、面白すぎ大好きです!!

病院に現れるタカヤとジン、迷いを振り払って去ることを決意するチドリ。
「先に下で待ってるわ」とジンが去っていくのでなぜだろう?と思ったら、
病院着からドレスに着替える時間を与えてくれてたようです。優しいw

攻撃されつつも耐えて、助けに入った仲間のチドリへの攻撃も弾き、
必死でチドリを守ろうとする順平。いい男だったよ!

順チドのデュエット曲があり、2人の象徴・ひまわりを思わせる美しいライティング。
順平を蘇生させる時、チドリが凄くいい笑顔してるんですよ!
これを見ちゃったらもう泣けて泣けて…!たまらない!!

チドリに蘇生してもらった後の順平の演技は、原作ゲームでの鳥海さんのも
凄まじいものがありましたが、舞台版はそれをも上回ってきたと思います。

とても言葉では表現できません。
DVD出たら是非実物を観て欲しい。

私は2回観ましたが2回とも号泣してしまいました。
泣く!こんなん泣くしかない!マジ鼻水やばい!
会場からも鼻をすする音が途切れませんでした。本当に凄いものを観た…。

命を使い果たしたチドリに対するタカヤの「愚かな…」も、
ゲーム版・劇場版の本当に愚かだとしか思ってない様子の声と違って
舞台版には少し悲しみが混じっていた気がします。これは好感が持てました。

トリスメギストス覚醒のCG演出も、劇場版と違ってちゃんと
メーディアとヘルメスが一体化したような演出でした。素晴らしい。

あのゆかりっちが順平に優しい。舞台のゆかりっちは本当に凄くいい子だよ!
順平の恋バナに興味しんしんの様子も可愛かった!
なお、今回から髪がウイッグじゃなくなった様子。よりナチュラルに。

「女心と恋心」に悩むあきみつ。揃って「う~ん?」と首をかしげる仕草が超可愛い!
メイドと執事を携えて颯爽と歩き去る美鶴先輩、最高です!
なお、ゆかりっちと美鶴先輩は既に熟年夫婦の風格でしたw

夏紀&風花

夏紀ちゃん、本人そのものの素晴らしい演技!
なぜクレジットに入っていないのか。メインキャストに入れてあげて!

こちらはちょっとオリジナルエピソードが混じっていて、
「幾月のデータをジンにハッキングされ、風花が責任を感じてしまう。
居場所がなくなると怯える風花を、主人公や夏紀が諭し、ユノが覚醒する」という流れ。

夏紀ちゃんの時計(父との思い出の品)を風花たんが直してあげる場面も。

夏紀&風花のデュエット曲あり。とても可愛らしくて優しい感じの名曲でした!
夏紀ちゃんが風花たんに抱きつくシーンにはキュンときましたよ!

ちなみに、風花の料理失敗シーンは今回はシリアスだったので笑いにはならず。

フェザーマン登場!食いつく明彦!

まさかのフェザーマン全員登場ですよ!wショッカーの動きも凄い!
テーマソングやら見え切りやら、ホンマもんのヒーローショーでした!

天田君の嬉しさを隠しきれないツンデレ的表情が可愛い。
天田君はともかく、真田先輩まで食いつき過ぎですよ!wマスク買ってるしw

すっかりフェザーマンで意気投合してるぞ!トリニティソウルコンビ!
真田先輩だけでなく天田君も入院中の荒垣先輩の面会に行っていたのは意外。

っていうか天田君達が成長しまくってて、背ぇ高いわ声低いわ!w

ピンクはこの時点でゆかりちゃん(ピンチヒッターらしい)。
さすがアイギス、マスクしてても分かるんだw
ショーを見物してるアイギスの手拍子が絶妙にズレてるの可愛い!(*´ω`*)

今回順平がシリアス路線なので、真田先輩がギャグ要員に徹してましたが
アトラス様からはちゃんとゴーサインが出ているそうですw
初登場時からプロテインシェーカーを持って出てきて、会場が笑いに包まれていましたw
明彦可愛いよ明彦(*´ω`*)

可愛いアクシデント

ハム子、ウッカリ真田先輩を「天田先輩」と呼んでしまうw
周りのツッコミ、会場沸く沸くw
その後の「俺は真田だ!」というフッキーさんのアドリブも最高!さすがですね!

更にフェザーマンを会場の皆で呼ぶシーンがあるんですが、
真田先輩がフライングしてしまってw
またしても会場が沸きまくるwこんなの楽しすぎるw可愛いよ~~~!

ファンとしては凄く嬉しいハプニング回でした!最ッ高!!(*´∀`*)

クリスマスの順チド演出・主人公による違い

キタロー編は「ひまわりのクリスマスツリー」。

クリスマスを楽しみにしていたチドリは、いつも順平が持ってきてくれる花・
ひまわりのクリスマスツリーの絵を描いていた。
順平のためにそのひまわりツリーを再現してあげたキタロー
(というか多分実際に骨を折ったのは美鶴先輩)、優しい。

ハム子編は原作通りの「順平の似顔絵」。

余白にはひまわりが描かれていました。
ニュクスの話になった時、順平がハム子に辛く当たってたんですよ。

キタローには「お前が何とかしてくれよ!」だったのに
ハム子には「お前が育てちまったんだろ!」と。

だからスケッチブック渡す時、謝ってもらうまでは気まずくてハム子が可哀想でした。

その後、ハム子編ではチドリんが起き上がるシーンが…!嬉しい生存フラグ!!

ストレガの過去

「やぶれかぶれはアカン!…貴方が言ってくれた台詞です」
の実際のシーンがありました!

タルタロスに挑む人工ペルソナ使い達。
思うようにペルソナを召喚できず、次々とシャドウの餌食に…。

そんな中、桐条の研究者は淡々と
「とにかくデータだ、全滅したらまたリトライ」と言い放つ。

「お前らに使われるくらいなら…!」と自害しようとするジン。
その時、「やぶれかぶれはいけません!」とタカヤが研究者を撃つ。

舞台下部でシルエット&マイムによる当時の様子の再現、
舞台上部でキャストが声を当てていました。

影絵&マイム独特の不気味さがあり、
ジンをして地獄と言わしめた雰囲気が存分に出ていました。
これはマイムの要素を取り入れているペルソナならではの斬新な演出でした!

ストレガの集会では、あのビラをちゃんと配ってた!
例のペル空耳、「♪チラシで騒~いどけ」ですねw

タカヤとジンのデュエット曲も良かったです。
ストレガ陣営の曲は重くて格好いいですね!

綾時君の可愛い&切ないエピソード

綾時君が皆を遊びに誘ってはそれぞれに断られ、
最後に主人公にOKしてもらうシーンあり。

綾時君が「捨てられた子犬作戦」を使うんですが、
ヒィーーー!(*´Д`)あれを耐え抜けるのはアイギスだけだ!!w

ちなみに遊びに行くのはキタローとハム子で違って、ハム子の場合はシャガール。
やはりフェロモンコーヒーで魅力がアップしてるらしいw

綾時君が影人間をいたわるオリジナルシーンもあり。
「皆の笑顔からパワーをもらってるから、これは恩返しなんだ」とのこと。切ない。
「綾時と友達で良かったよ」という主人公達。切ない。

今後の展開を考えると、主人公と綾時君の絡みは大事ですね。
ここは劇場版クラスにもっと重点を置いて良かったかも…。

今回全体的にオリジナルシーン多めで必見

アイギス、相変わらず動きがロボロボしくて可愛い!!
戦闘で破損するシーンには胸が痛みます…。本当に健気で…!

ラスト、画面いっぱいに無数の「ごめんなさい。」
が表示されるシーンは切なくてたまらない!

綾時君との戦闘でのオルギアモード、
非常に格好よかったけど、分身のリボンだけやめたげて!w

キタローが風花たんを気遣うなど、少し人間らしくなってきた。
「どうでもいい」がポジティブな「どうでもいい」になってきた!

ただ、風花たんに対する呼びかけが「山岸」なのでちょっとそっけない。
ゲームでは「風花」呼びのイメージなんだけど、それは恋人だからかw

蒼井翔太さんの歌は相変わらず突き抜けた美しさ!
今回初めて生で聞きましたが、心洗われるような透明感あふれる歌声でした。
それにしてもキタローは2.5次元というよりほとんど2次元…妖精のような雰囲気でした。

ハム子はアスミスさんの地がハム子そのもの!
可愛い!ああ、可愛すぎて胸が痛い…苦しい…!この可愛さは凶器だよ!(*´Д`)
アスミスさん、演技も歌も上手になってる!
勿論前が下手だったという訳じゃなくて、力が抜けてきたというか、
ナチュラルになってきた感じがしました。ああ可愛い…愛くるしい…!!(*´Д`)

コロちゃんも姿は見えないが登場している。
世話当番を忘れて筋肉の話ばっかりしてる真田先輩、しっかり!w

美鶴先輩の「明彦!私も(はがくれのラーメンを)食べたいと思っていた!」
というのが超可愛い大好き!美鶴先輩、格好いいのに可憐なんだよな~!

ニュクスとの戦いについては割と皆メンタル強く、初めから戦うモード。
劇場版のような重苦しさはありませんでした。

オリジナル曲が素晴らしい!

主人公の曲の歌詞には舞台の5作全部のタイトルが使われていました。

章が進むにつれて、ゲームの曲からオリジナル曲へ、
独唱からデュエットへ、そして合唱へと進化してきてますね。

3章ラストのオールメンバーで合唱していた曲が圧巻の一言だったため、
その方向性にシフトしている様子。やっぱり盛り上がります!

これは是非とも舞台曲のCDを出して欲しいです!

ベステオはスクリーン投影&代役キャストさんが奥に立つ形。

キャストトーク、ちゃんと考えてきたというアスミスさん、なぜかタカヤに振るw
私はたけやんさん超大好きだから嬉しいけど!!w
順平を撃った後は出て行きたくない気持ちになるらしいですw

たけやんさん、公開前特番で大活躍してましたね!笑顔が素敵!
オフでの明るくて愉快な教祖様が大好きだーーー!w

DVD早く出ないかな~と思っていたら、夏の発売になるとのこと!
詳しくはこちら。

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)