ペルソナ3小説 シャドウクライ 感想|ネタバレありなし分けてます

p236 

P3のスピンオフ小説、3冊とも全部読みました。
この記事は「シャドウクライ」を読んだ感想です。

とりあえずストレガファンと荒垣先輩ファンは買うべし!って感じです。

2017/4/26追記:
舞台版でチドリ役のはねゆりさんがシャドウクライを読んだとのこと!
インスタにこの話を元にしたストレガの写真が載っていました!

可愛い~!!ますますストレガが大好きになるじゃないか!!
他の役者さんとの写真も楽しそうでとっても可愛いです(*´Д`)
はねゆりさんのインスタ

ネタバレなしの感想

人工ペルソナ使い研究所の別の生き残り・イズミと出会ったストレガの話。
主人公ポジションはジンです。
時期的には夏休みで、8/7~8/20の間と特定済。

登場するキャラクターはストレガ以外だと

  • 荒垣先輩
  • 天田君
  • コロマル
  • 真田先輩
  • キタロー
  • Y子
  • グルメキング

エマージェンシイイイイ!!www

これにオリジナルキャラのイズミとその同居人の母子が登場します。
意外なことに、この話、荒垣先輩がめっちゃ登場してくれるんですよ!
そして可愛いんですわ(*´Д`*)ファンとして嬉しい限りですよ。

で、この話を読むとストレガの好感度が爆上げ間違いなしです!
スピンオフ小説3作の中で最も切なく重い話ですが、
同時にストレガのコミカルな面や人間臭い面が見られます。

ジンは苦労人で意外といい奴で面白いし、チドリンめちゃくちゃ可愛い!
タカヤはほとんど登場しなくてあまり印象変わらないんですけどね。

知らなかった設定としては、人工ペルソナ使いには烙印というアザが出来るそうで、
タカヤの腕の入墨はそれにそって彫られているんだとか。

チドリンには背中に羽をもがれた天使のような二筋のアザがあるそうです。
だから銭湯に行けないんだとか。何ソレ萌える。
こりゃ、順平が海に誘ってもビキニは絶対着てくれないわ。

そして可愛い女の子と一緒にお風呂に入ったチドリンは一瞬、
子供が欲しいと思ってしまったようですよ!
その願い、叶えてあげなさい!ファイト、順平★

ストレガの貴重な日常シーン、荒垣先輩と天田君の因縁の掘り下げ、
そして戦闘シーンではストレガ3人による合体魔法が見られます。

話の面白さとしては3冊の中で最もお勧め!

続きはネタバレありの感想なので少し間をあけます。

ネタバレありの感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピンオフ小説の中ではこのシャドウクライが一番胸に刺さる話でした。

もうね、イズミが可哀想で悲惨過ぎて・・・!(T_T)
こんなことになるなら、タカヤが「執着してはいけない」と繰り返すのも納得だわ。

仲のいい親子を見て「自分にもそんな生き方ができたんだろうか」と
ふと思ってしまったりするストレガ達の死生観の悲しさ、
それでも仲間を忘れられない心とか切なくて泣ける。

やっぱりストレガも桐条の実験がなかったら本来は普通の少年少女だったんだろうなあと・・・。

ゲームやってると霞でも食べているようなイメージのストレガが、
はがくれのラーメンを嬉しそうに食べたりしてる訳ですよ!想像できないよ!w
特にチドリンのはがくれラーメンに対する食いつき激しくて可愛いよ!

ジンは家事を押し付けられてたり、チドリンに手斧で脅されてパシリに使われたり、
さすがストレガのオカン。苦労が具体的に伺えますw

祭りの屋台で金魚釣りやヨーヨー釣りに躍起になったりと熱い一面も。
他にはあの髪型を弄られたりしてかなり面白いですw

久々に会った友から「生え際後退したか?」って言われたり、
子供から「デコのお兄ちゃん」と呼ばれたりする始末w爆笑ですw

あの手榴弾は自分で調合して作っているらしい。
子供をあやすためのお手玉としても使える優れモノ!
・・・って黒沢さん睨んでるよ!爆笑ですw

チドリンは天蓋つきのベッド(盗品)にパジャマ代わりのレースシャツを着て
寝ているらしい。
太もも丸出しらしいですよ!何ソレあられもない!ハァハァハァ
「人目を気にしいや」と突っ込むジンがやっぱりオカンですねw

タカヤの意外な一面は、N島とY子の元ネタ小説を知ってたことくらいでしょうか。
ジャンルを問わず読書家みたいですね。

教祖様あまり登場しないんですが、イズミの事情をなぜか最初から
気付いている様子だったり、やたらカリスマあります。

ストレガ、大好きになりましたよ!!

荒垣先輩と天田君関連

タルタロスから深手を負って逃げ出したイズミを保護した、
命の恩人が天田君のお母さん。

イズミは天田君のお母さんに深い恩義を感じていて、
彼女を殺した謎の犯人の殺害をジンの復讐サイトに依頼していた。

これはイズミの独断で、後に天田くんが(自らの手で復讐するために)
これを取り消してくれと頼んでいる。

ジンは調査の結果、犯人が荒垣先輩であることに気付いていた。
しかもイズミと荒垣先輩ははがくれでニアミスしている。

・・・というのが初めて明らかになった部分です。何というギリギリ感。

不透明ながら、天田君のお母さんが影時間に落ちたのはイズミの影響
という可能性すらありますね。

荒垣先輩のペルソナが暴走したのは影時間明けと幾月さんが言っていたので
天田君のお母さんが影時間に落ちる必要はありませんでした!失礼しました。
漫画版だとイレギュラー=天田母のシャドウという設定だから混同しました。

ちょっと意外なのが、ジンが荒垣先輩のことを嫌いじゃなかったという所。
ゲーム中だと「ムカつくぜ、ストーカー野郎」ですからね。

犬猿の仲だと思ってましたが、荒垣先輩にピンチを助けてもらったり、
そのお礼に一緒にはがくれでラーメン食べたりしてたんですね。

事故の話が出て、折角のはがくれの裏メニューが喉を通らなくなってしまった先輩が切ない。
先輩が残していった特特特ラーメン、何そのご馳走私にちょうだい!ハァハァハァ

「食える時に食う」が信条のジンが食べちゃうんですが、
桐条の施設に拾われる前もジンは相当酷い暮らしをしていたようで胸が痛みます。
ストレガ候補生って確か孤児でしたよね?
一歩間違えたら双子座コンビも施設にいたのかもと思うと恐ろしい。桐条財閥罪深いよ!

事故現場に小菊を一輪供えるというのが実に荒垣先輩らしい。
一輪だけというのは、ラフレシ屋とかで買ったりせず自分で摘んできたんでしょうね。

花瓶じゃなくて古ぼけた牛乳瓶に挿してあるというのも先輩らしい。
二年前からずっと使ってたんでしょうね・・・。
裏路地に頻繁に行ってたのは花を絶やさないようにしてたんだろうなあ。切ないですね。

その他、物陰から出て行くタイミングに困ってる荒垣先輩がやたら可愛い。
なんだその可憐な態度はw可愛いじゃないか!wマジ何なんだ!w

という訳で、不器用で実直で可愛くて切ない荒垣先輩も堪能できます。
荒垣先輩ファンにも是非読んでもらいたい作品でしたよ!

その他のスピンオフ小説、
オワリノカケラの感想はこちら
ベルベットブルーの感想はこちら

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)