荒ハムまんが|恋をしているであります

c025

アイギスが主人公だけど荒ハムです。
時間がかかりましたがやっと完結しました。

最後にドラマCD・サントラCDの感想なども書いてます。

c026

c027

c028

c029

c030

c031

c032

c033

c034

c035

c036_

c037

c038

c039

c040

c041

 

 

荒ハムまんが|恋をしているであります

 

 

c044

 

 

c045

 

c046

c047

c048

c049

c050

memo

アイギスが大好きです!ほんまに可愛いですよねぇ~!個人的には前半の
「~であります」時代のメカっぽいアイギスが好きです。
坂本真綾さんの声も秀逸ですよね!柔らかいのに適度なロボっぽさでピッタリ。

あと、舞台版2のアイギスが想像以上に良かった。
最初は無理があるだろ!って思ったんですが、とんでもない。
動きとか、アニメよりはるかにアイギスっぽい気がしました。歌も最高ですね~!

それから、ドラマCDとかを聴いているとアイギス&荒垣先輩のボケ&突っ込みが
面白すぎるシーンが多くて!八宝菜とか、脚立の上の攻防とか、

何ていいお笑いコンビなんだ! と思いますw

特にキャラクタードラマCDvol.3では荒垣先輩がもの凄く柔らかい声やコミカルな声を
出していて驚きました。間違いなく、こっちが地なんでしょうね・・・切ない。
逆にドラマCDvol.1ではビックリするくらい冷たい声で、比較すると感慨深いです。

ドラマCD、もっと出してください!マジで!

特にハム子編を是非~!

劇場版のサントラCDについて

CDといえば、劇場版Vol.2のサントラCDが神のような出来で・・・

荒垣先輩を描く時は”One hand, one Heartbeat”を聴く訳です。
ううう!どんだけ聴いても胸が締め付けられる!なんて曲だ!泣きそうだ!

いい加減歌詞も覚えてしまいました。お風呂とかで歌ってます(;´v`)
冷たくなっていく手、ガラス球になってしまう瞳、風化する記憶・・・切ないよ!!

この曲で一つ気になるのが、主語がheじゃないんですよね。
weとかusとか、複数形が出てくる。これじゃあ死ぬのはひとりじゃない感じですよね。

we are timeless, together, frozen って、最後の歌詞なんかは
モロに3/5の屋上を連想させられるんですが。どういう意図なんだろう。
「誰もが死ぬんだよ」という意味なのか。でも個人的には荒ハムにしか聴こえません(;´v`)

で、最初に劇場版Vol.2を観た時は当然気付かなかった訳ですが、
荒垣先輩の登場シーンに流れる曲”Castor”と、
カストールが暴走するシーンで流れる”Cruelty”は
”One hand, one Heartbeat”のアレンジ曲だったんですね。なるほどなー!

”Castor”は短いながらも荒垣先輩そのもの!というべき名曲で大好きです!
荒々しい部分と、包容力とか切なさ的な部分がキッチリ共存してて・・・ホント素晴らしい。

あと馬のパカランパカランって蹄の音も聴こえる気がする。
これが流れるシーンも格好良くて興奮しました!!

荒垣先輩も、荒垣先輩の曲も、大好きだー!!

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)