ハム子補完計画|荒ハムSS ハム子の風邪ひきイベント

幻の風邪イベントを元にハム子版。
オールキャラで当然荒ハムです。

ドラマCDとか色々時間的に矛盾がありますが
目をつぶってやってください。

初の試みでSS風にしております。
荒垣先輩の挿絵が一枚あります。

ハム子の風邪ひきイベント

>風邪をひいて寝込んでしまった…

コンコン
順「入るぜ~、リーダー。ゆかりッチも一緒だからさ。」

>順平とゆかりがやってきた・・・。

順「お前が元気ねーからさ、俺ッチお粥作ったわけよ。
ゆかりッチにも手伝ってもらったから安心していいぜ!」

ゆ「何言ってんの!?ほとんど私が作ったんじゃない。
順平って本当役立たずなんだから!」

>ゆかりは怒っている・・・。

順「そー言うなって~。ま、とにかく食って元気出してくれよ~!」

→ありがとう、順平、ゆかり!

>一口食べてみた…。
>なぜかとても苦い…それに少し焦げているようだ。

順「薬草粥っつーの?体にいい薬草いっぱい入れたんだぜ~。」

ゆ「しっかり火を通したから安心してね!」

>このお粥は苦すぎる・・・。全て食べたら体調が悪化しそうだ…。
>しかし、二人は期待に満ちた目で見つめてくる…。

順「なんつーかさ、お前いねーと盛り上がらねーし。早く元気出してくれよな!」
ゆ「そうそう。早く元気になってよ、ね?」

>純粋な好意が痛い…。
>選択の余地はなさそうだ!

→全部食べる

順「おー!どんどん食えよ~!」
ゆ「本当、惚れ惚れする食べっぷりよねー!」

>口の中が苦い・・・そして焦げ臭い・・・。
>意識が遠のいていく…。

***

>翌日・・・。風邪はまだ良くならない。

コンコン
天「リーダーさん、天田です。アイギスさんも一緒です。入ってもいいですか?」

>天田とアイギスがやってきた・・・。

天「体、大丈夫ですか?」
ア「まだ熱が高いでありますね。十分な休息と栄養の摂取が推奨されるであります。」

天「あの、リーダーさんに早く元気になって欲しくて、僕とアイギスさんでお粥、作ったんです。
食べてみてくれませんか。」

ア「安心してください。完璧にレシピを再現しています。」

>アイギスは自信ありげだ・・・。

→ありがとう、天田君、アイギス!

>一口食べてみた…
>煮えたぎるお粥に、舌を火傷しそうだ!

>このお粥は熱すぎる…。
>全て食べたら体調が悪化しそうだ…。

天「リーダーさん、大丈夫…?一人じゃ食べられないの?…食べさせてあげようか?」

>天田は心配そうに見つめてくる…。

ア「でしたら、私にお任せください。」

>アイギスに補足された!
>アイギスは、煮えたぎるお粥を文字通り機械的に口に入れてくる…。

>逃げる余地は既にない!

天「わあ、さすがリーダーさん、凄い食べっぷりですね!」
ア「これだけ食べれば栄養補給はバッチリであります!」

>アイギスの腕の中で意識を手放した…。

***

>翌日・・・。風邪はまだ良くならない。

ガチャ

真「リーダー、起きてるか?真田だ!入るぞ!」
桐「こら明彦、ノックくらいしろ。」
真「両手がふさがっているんだ、仕方がないだろう!」

>上級生二人がやってきた・・・。

真「早くお前が元気になるようにと思ってな。食事を作ってきたぞ!」

→ありがとうございます、真田先輩!

桐「明彦だけに任せるのは心配だからな。私も途中から協力させてもらった。」

→ありがとうございます、桐条先輩!

真「なぜ俺に任せるのが心配なんだ。」
桐「またお前は余計なものを入れるだろうからな。」

真「ん、米を入れちゃまずかったか?」
桐「なぜ米が余計なものなんだ!明彦、だからお前は…、」

真「安心しろ、味のないプロテインと、最後の仕上げに牛乳味のプロテインも入れてある!
立派なミルク粥風・プロテインだ!さあ、遠慮なく食ってくれ!」

>真田は目を輝かせている・・・。一口食べてみた…。
>なぜかバナナの味がする!

真「ん?バナナ味と間違えたか…?
まあいい。プロテインに変わりはないんだ。さあ、どんどん食ってくれ!」

>さっきから気になっていたが、真田の手には巨大な鍋が握られている…。

桐「君は食欲旺盛だからな。好きなだけ食べるといい。」

やはり美鶴の感覚は微妙にズレているようだ…。

>このお粥は量が多すぎる…。全て食べたら体調が悪化しそうだ…。
>しかし、二人は期待に満ちた目で見つめてくる…。

真「お前が笑っていないと心配なんだ。早く元気になってくれ。」
桐「ああ、私も心配だ。君がいないとこの寮も火が消えたようだよ。」

>・・・選択の余地はない!

→全部食べる

>…お腹いっぱいにバナナ臭とプロテインが満ちていく…。

真「プロテインなら、風邪をひいていても胃腸に負担をかけないんだ!しかもだな、…」

>真田のプロテイン講義を受けながら、意識が遠のいていった…。

***

>翌日・・・。風邪はまだ良くならない。

コンコン

荒「…俺だ。起きてるか?コロマルも一緒だから、ちっと…いいか。」

>荒垣とコロマルがやってきた・・・。
>荒垣の持っている土鍋から、とてもいい匂いがする!

犬「ワン!」
荒「腹…減ってるかと思ってな。雑炊、作ってきた。」

→ありがとうございます、荒垣先輩!

荒「ここに置いておくから、食えそうなら好きに食ってくれ。」
犬「ワン!」

→コロマルも心配してくれたの?ありがとうね。

犬「クーン…。」

>コロマルは、心配そうに顔を擦り付けてくる…。

荒「コロ…もう行くぞ。じゃあな、早く元気になれよ。」

>荒垣は早々に帰ろうとしている…。思わず引き止めた・・・。

→食べさせてください

荒「あ?ンなもん自分で…って、…体、しんどいのか。」

>荒垣は心配そうだ…。
>本当はそこまでではない。後ろめたさを感じつつ、黙ってうなずいた・・・。

荒「ったく、しょうがねえな。」

>荒垣は雑炊をすくうと、息を吹きかけて冷ましてくれた…。

荒「フー、フー…。」

>…思わず見つめてしまった…ドキドキして熱が上がってきたようだ…。

荒「ほら、…口開けろ。」

>レンゲがそっと差し出された。荒垣の口があーん、の形に開いている…。
>何となく目をそらしながらレンゲをくわえた・・・。

>…美味しい!とっても優しい味がする…。
>幸せが身体中に満ちていく…。

犬「ワン!」
>コロマルは、羨ましそうだ…。

→先輩の味、とっても美味しいです

荒「…そ、そうかよ。」

>荒垣は困ったような顔をしている…。
>…病人の特権で更に甘えることにした。

→もっと食べたい

荒「フー、フー…ほら。」
犬「ワン!」

荒「コロにも、後で何か作ってやるからな。」
犬「ワフッ…」

i040

>コロマルは、嬉しそうだ。荒垣の表情は優しい…。
>心が温かい…風邪をひいて良かったとすら思えてきた…。

>荒垣の雑炊は美味し過ぎる。全部食べたら荒垣は帰ってしまいそうだ…。

>しばらく荒垣、コロマルと癒しの時間を過ごした…。

荒「ん、よく食ったな。これで終わりだ。」

>雑炊はもうなくなってしまいそうだ…。
>今のありあまる「勇気」なら、大胆なことが言えそうだ!

→口移しで食べさせて

荒「おっ、お前、何言ってんだ!」

→ごめんなさい、風邪移しちゃいますよね

荒「そ、そういうことじゃなくてだな・・・。」

>荒垣は動揺している…。
>自分も、顔が熱い…。

荒「お前、熱…上がってんじゃねえか。」

>荒垣は、おでこに手を伸ばしかけたものの、途中で引っ込めてしまった…。
>触れるのをためらっているようだ。

→ごめんなさい、触るの嫌ですよね

荒「う…、そ…ういう訳じゃ…。」

>…困ったような荒垣の表情を見ていると、愛しさで胸が苦しい…。

→一口だけ…ダメですか?

荒「ぐっ…。」

>恥ずかしさに耐え、ジッと見つめて答えを待った…。

荒「ったく…そんな顔されたら…。」

>荒垣は途方に暮れたように天井を仰いだ…。

荒「…ハア。そういや、風邪ってのァ、人に移すと早く治るって聞いたな。」

>荒垣はため息をついた…。

荒「…お前の風邪、俺がもらってやる。だから・・・早く、治せ。」

→うなずく

>荒垣はなんだか辛そうだ…。

荒「…コロ、アイギスには黙っててくれよ。」

>荒垣は最後の雑炊を口に含んだ…。

犬「ワン!」

>コロマルは、了承してくれたようだ・・・。

>頭の後ろに大きな手が回される…。
>少し傾けた荒垣の顔がそっと近づいてくる…。

>仕草で促されて、薄く口を開けた…。
>目を閉じますか?

→閉じる

>…!
>幸せすぎて気を失いそうだ…。

>・・・。
>朦朧とする意識の中、雑炊を味わった・・・。

コンコン

荒「うおっ!?」

>荒垣は慌てて顔を離してしまった…。

風「リーダー、起きてる?入っていい?」
荒「やっ、山岸…。」

>風花がやってきた・・・。
>荒垣はやや不自然に顔を背けている・・・。

風「あっ、荒垣先輩…ここにいたんですね。」
荒「あ、ああ、ちょっと食いもん届けにな。」

風「あ、コロちゃんも。」
犬「キュウウーン…。」

>凄まじい刺激臭がする…!目が痛い程だ!

風「あの、皆がお粥…作ってたから、私も作ったの。
荒垣先輩とって思ったんだけど、見つからなかったから…自己流だけど。」

>これは、完全に見えている地雷だ!
>風花は荒垣の土鍋に気づいた…

風「あ、もう荒垣先輩の食べちゃったんだね。ごめんね…。もうお腹いっぱいだよね。」

>風花は、残念そうに肩を落とした…。
>小さな頭がうつむいているのを見ると胸が痛む…。

風「じゃあ、折角だから、ラウンジの皆に食べてもらうことにするね。」

>大変なことになった…。S.E.E.S壊滅の危機かもしれない・・・。
リーダーとして、皆を守らなくては…。

→私が食べるよ

風「えっ?いいの?お腹いっぱいじゃないの?」
荒「お、おい!ちょっと待て!」

>荒垣は焦っている…。

荒「山岸。ソレ、…また風邪薬とか入れてねえよな?」
風「は、はい。ご、ごめんなさい…。」

荒「よし。じゃあ…ソレは俺がもらう。リーダーは、ちっと食い過ぎだ。」

→荒垣先輩、

荒「あー、いい。お前はもう寝ろ。」

>荒垣は目をそらして決まり悪そうにしている…。

荒「…悪かった。…体、大事にな。」

>荒垣はこちらを見ないまま、土鍋を持って出て行った…。

犬「ヒャン、ヒャン!」

>コロマルは一度こちらの手を舐めると、荒垣を追うようにして出て行った…。

風「リーダー、お大事にね。また明日、お粥持ってくるね。」

→あ、ありがとう風花…。

風「ふふふっ。頑張るからね。」

>風花は優しく微笑むと扉を閉じた…。

パタン

>…。これは何としても明日までに治さねば…。
>荒垣は大丈夫だろうか…アレを食べて無事に済むとは思えないが…。

>悪かった、と言っていたが、後悔したのだろうか…。とても辛そうな顔をしていた…。
>チクリと刺さる棘を無視して、世界一美味しい雑炊の味を思い出しながら、眠りについた…。

→荒垣先輩、大好き・・・。

翌日、リーダーは絶好調で復活。
風邪をひいた荒垣が再び風花のムドオン粥の餌食になったという・・・。

memo

荒ハム空間の準備をしていて気付いてしまいました。

ぶっきらぼうな先輩も好きだし、困ってる先輩も好きだし、
止まんねーモードの先輩も好きだけど、一番好きなのは
お母さんみたいな先輩だということに!

超優しい先輩に甘えたい、そして甘やかされたい!

あー、やっぱり聖母のような先輩の笑顔が好きですわ~・・・。

そういえば、台風付近はドラマCDやPQのエピソードがねじ込まれて
盛りだくさんですよね。

全員集合してて、なおかつ時間的に余裕があるのは
そこしかないですもんね。

あー、台風の話のドラマCDの荒垣先輩が大好き・・・。
もちろんいつも好きだけど、特に優しさが滲み出てて好きです。

皆の様子を見て、「やれやれ」って言いながら
優しく笑っている所とか!たまらん!好きすぎる!

 

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)